HOME > オンラインショップ

オンラインショップ

洗車用純水器について

アナタの車にこんなシミありませんか?

洗車の大敵 「水ジミ」

愛車に付く厄介な汚れのひとつ「水ジミ」。「イオンデポジット」「ウォータースポット」「雨ジミ」「水垢」などと色々な呼び方があります。黒などの濃色車では、かなり目立つ汚れです。気になる方も多いのではないでしょうか。ガラスにも付きやすく、落としにくい汚れです。

雑誌やWebなどで洗車方法を調べると、「日中の暑い時には洗わず、朝や夕方の涼しい時間帯に洗う」とか、「水は乾かさないように。必ず乾く前に拭き取る」などと書かれています。その理由は、「水道水」に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が、乾いた際に塗装面に残ってしまい、簡単には落とせない「水ジミ」となってしまうからです。(綺麗に洗ったコップを拭かずに乾かすと白く残ってしまう汚れと同じものです)しかし、それは実際にはとても難しいことで、そんなことを気にしていては、私共プロであってもなかなか洗車をすることなどできません。

雨よりも水道水がシミの原因

「水ジミ」ができる理由は「水道水に含まれるミネラル分」です。よく「雨ジミ」という表現を目にしますが、雨は一度蒸発している為、ミネラル分は殆ど含まれておらず、シミの原因になっているのは、洗車の際の「水道水」なのです。ですので、洗車の際に「純水」を使うことにより、愛車につく水ジミを圧倒的に少なく保つことができるようになります。

測定に使用しているTDSメーターは、水の電気抵抗を計測してイオン濃度を表示します。純粋な水は電気を通さず、イオンが含まれることにより電気を通すようになりますので、抵抗値を測ると、イオン濃度がわかるというわけです。数値が高ければ高いほど、「カルシウム」や「マグネシウム」といった水ジミの原因となるミネラル分が溶けたものも含まれています。

洗車がとても楽で自由になります



「純水」で洗車することにより、水ジミができませんので、「日中の暑い時」でも「水を乾かしても」OKになります。今までの洗車のタブーが解消され、「洗いたいときに」「今までよりもっと自由に」洗車ができるようになります。高圧洗浄機で純水をかけて、そのまま走って乾かしても大丈夫です。汚れた部分だけを洗い、周りに飛び散った純水はそのままにしていただいても問題ありません。すでにお使いになっているお客様からは、「もう水道水には戻れない」とのお声を数多くいただいております。

下の写真は、純水と水道水で洗車した際に、拭き上げを行わなかった時の比較画像です。

徹底的なコストダウン

今までも洗車用の純水器は販売されていましたが、価格は100万円以上もするもので、当店のような専門店あればまだしも、一般のお客様がご購入されるのは難しいものでした。
当店はオーナー様にご自宅で使っていただけるように、本体価格 89,800円(送料、消費税込)の純水器の販売を開始いたしました。
内部には「イオン交換樹脂」が入っておりますが、価格は9,720円(交換用パッキン付、送料別、消費税込)となっており、交換はご自身で行っていただけます。

具体的なコスト

洗車用純水器


当店でコーティングしていただいたオーナー様に、「美しい愛車をご自宅でもできるだけ簡単に洗車していただきたい」そんな思いで、 洗車用純水器の販売を始めました。この純水器を、全国の愛車を大切にされている皆様にもオンラインショップで販売させていただきます。

※ご注意
本製品は水質基準を満たした水道水での使用を前提としております。地下水の場合、水質の幅が大きく、鉄分やマンガンなどが大量に含まれている場合、動作不良、故障の原因となりますので、ご使用にならないでください。良好な水質の場合はご使用できる場合もございますが、適切な前処理を考慮する必要がございます。当店では責任を負いかねますので、ご了承くださいませ。