HOME > 施工例 > バイク コーティング :NC750X DCT | 岡山 コーティング 専門店 ハマバン

ハマバンブログ

2019.07.27バイク コーティング :NC750X DCT | 岡山 コーティング 専門店 ハマバン

ハマバン代表の徳田です。

ハーレーの磨きの施工例をブログで紹介させて頂いて以来、バイクのコーティングの問い合わせが増えてきてます!

どのオーナー様も

「車の磨きがしっかりしてるお店に、愛車のバイクを施工して欲しい」

仰られます。

結局、下地処理をしっかりできないと、仕上がりのクオリティも下がるし、コーティングの定着も悪くなります。

バイクの塗装は、車の塗装よりもデリケートな事も多く、車の塗装より繊細な研磨が求められます。

今回のオーナー様も、ハーレーの磨きをご覧になり、問い合わせ頂きました!

その昔、ギターの塗装の仕事をした経験もあるみたいで、「下地が塗装の仕上がりを決める」と分かったらっしゃいました。

今回は、塗装部分は、グロスアーマー。

樹脂パーツ、スクリーン、つや消し塗装部分、その他は、パーツの素材にあったコーティングを施していきました。

納車の際は、ツヤツヤに仕上がったNC750X DCTを、しばらくずっと鑑賞しときたいと、

大変ご満足頂き、嬉しい限りです😃

細部も磨けるコンパクトなポリッシャーで、下地を整えます。

こだわり施工。

樹脂パーツで隠れる部分も、バラして

細部までコーティング。

バイクのホイールは、油分付着が多いので、念入りに溶剤で処理。クリーニング後は、ホイールコーティングを施工。

樹脂パーツもコーティング。

以下、コーティング施工後のアルバムです。

納車が終わり、出庫の時に写真撮らせてもらいました!

絶好のツーリング日和☀️

あまりにも綺麗なんで、

しばらく何処かで、

バイクを眺めると言われてました(笑)

この度はハマバンのご指名ありがとうございました!

前の記事: