HOME > ボディコーティング > 施工の流れ

施工の流れ

1.塗装チェック

ガレージ内の特殊照明を照らし、塗装のチェック(雨シミ・水アカの蓄積・キズ等)をチェックします。

2.ホイール清掃

①ホイール専用クリーナーで水洗いします。
②鉄粉が付着している場合は、鉄粉クリーナーを使用します。
③ボルト穴等、細かな部分も清掃します。
④ホイールハウス内側も清掃いたします。

3.手洗い洗車

①まずは、表面の汚れを落とすため、専用シャンプーで洗車します。
②鉄粉や塗装のザラザラ感がある場合は、ここで粘土処理を行います。
③鉄粉除去剤を使用して鉄粉除去を行います。
④再び専用シャンプーを使用し、最終洗車を行います。
⑤エアーガンで細部の水切りを行います。

4.細部の清掃

ポリッシャーでは綺麗にできない細かい部分の清掃を手作業で行います。

具体的には
○エンブレム周辺
○各モールの隙間
○グリル周り
○各外装部品の隙間
○給油口内部
○ドア開口部・ヒンジ周辺
○ボンネット・トランク開口部周辺

5.磨き・下地処理

肌調整の前に再度、塗装肌のチェックを行います。



ポリッシャーで全体を磨く前に塗装以外の箇所をマスキング処理し保護します。


暗室を作り上げ、パネルごと照明を照らし、塗装のリアルな状態を確認しながらポリッシャーで磨いていきます。磨き終わったら、最終洗車を行います。

6.コーティング施工

コーティングの塗布方法はコーティングの種類によって違います。
基本的に「手塗り式」と「スプレー吹き付け式」に分かれます。

7.最終仕上げ

①車内掃除機がけ
②ガラス清掃
③内装拭きあげ
④タイヤWAX塗り込み

8.施工終了!

新車で2日間、ダメージのあるお車で3日~4日間の施工期間となります。

当店は、店主一人が最初から最後まで責任持って施工しているため、日数を頂く点をご理解頂ければと思います。

納車の際は、美しいコーティングの仕上がりをゆっくりとご堪能ください。