過去の施工一覧

2017.08.05 マセラティ グランツーリズモにグロスアーマーを施工いたしました!

こんにちは!ハマバン代表の徳田です。東北にて、グロスアーマーの講習を受けてから、もうすぐ一ヶ月。東北では、たくさんの同業者の方々と出会い、観光もグルメも含め、いい思い出ばかりです。あぁー、また行きたい?
さて、岡山に帰ってからも、施工の流れの確認や研磨のテストを繰り返しながらリリース準備を進め、今回、初めてお客様の車に「グロスアーマー」を施工させていただきました!

グロスアーマーお初の施工が、経年車の
マセラティ グランツーリズモになりましたが?

そのオーラに負けず、バッチリ施工させていただきましたよ?

グロスアーマー施工の第1段階

「デュアルマ研磨システム」で、

無数の水ジミと細かい傷があった塗装は、

スッキリと本来の塗装の艶に蘇りました✨

デュアルマ最終工程で、グロスアーマーの究極の密着を促す潤い層を作り上げます。
そして、グロスアーマー施工の第2段階
「GR-1」を塗り、グロスアーマーのベース層を密着させます。その名の通りまさに「艶の鎧」のベースが形成されます!

アフターメンテナンス時に使用するケミカルにも負けない硬化皮膜を形成するのも特徴です。

最後に、グロスアーマー施工の第3段階
「オーバーラッピングコート」で

純度の高いフッ素を2層目と密着させ、

さらに艶を高め、

防汚性を高めながら、汚れを付きにくくします。
グロスアーマーは、このように

3段階にわたり、艶も高めていき、

まさに艶の3重層で、

激艶の仕上がりとなります✨
グロスアーマーは研磨からコーティングが始まり、

工程数も多く、

ハマバンで今までラインナップしてきた

コーティングよりも、価格はお高めになりますが、

何よりその艶の高さと、究極のアフターメンテナンス性を考えれば、大切な愛車を最高に美しくキレイに保つのに最もオススメのコーティングです!

ぜひ大切な愛車へのグロスアーマー施工をご検討下さいませ?

ハマバンのフラッグシップ コーティング
「グロスアーマー」
をよろしくお願いいたします?



このように、入庫時は水ジミ、細かい傷だらけでした…

9年経年なので仕方ないですが…

マセラティがこんな状態だと残念ですよね。

今回は、研磨オプションで、

「スタンダード研磨」をお選びいただきました。

スタンダード研磨は、ハマバンのデュアルマ研磨システムの根幹です!

基本2工程ですが、十分綺麗に仕上がりますよ!

最初に載せた画像と比べてみて下さいね。

水ジミ、細かい傷もほぼリセットし、

本来のツヤも引き出してます。

こんな箇所も、綺麗にクリーニングいたしますよ!

エンブレム周りも、こうでなきゃ!

まさに「艶の鎧」のグロスアーマー!

艶の3重層で激艶です✨✨

艶の鎧 グロスアーマーをまとった

マセラティ グランツーリズモ。

綺麗でしょ!✨

ハマバンのデュアルマ研磨&グロスアーマーで

9年経年の車には見えなくなりました。

あなた様の大切な愛車にも

ハマバンのフラッグシップコーティング

「グロスアーマー」はいかがですか?

撥水、親水、硬度、メンテナンスフリー、などなど、見事に過剰な謳い文句で、宣伝しているコーティング業界。

コーティングをした直後は、

綺麗なのは当たり前です。

大切なのは、コーティング施工後のアフターメンテナンス性です。

コーティングしても、水ジミや鉄粉、ピッチタールなどのダメージは外で運転する以上、付着します。
グロスアーマーは、そのようなダメージを除去する酸性ケミカルや石油系溶剤、アルカリケミカルにも負けない皮膜を形成しますので、メンテナンス性においても非常に優れております!

ハマバンのテーマでもある

「愛車を最高に美しくキレイに」

を最大限に実現できると自負する

グロスアーマーを

どうぞよろしくお願いいたします?